お金が足りない

結婚式に招待されたけど、祝儀代が足りない…(・_・;)こんな時はどうすればいいのか?

1、祝儀代が無いから欠席する
2、祝儀を少なめに入れる
3、仕事をして稼ぐ
4、ギャンブルに賭けてみる
5、お金を借りる

まだ他にも、違う案があるかもしれないけど、私の中で出した答えは上記5つ。

 

1、欠席…△

招待された相手によって決まるのが本音。そこまで深い付き合いじゃない相手の場合だったら欠席するんですが、さすがに親戚・仲の良い友人・会社の同僚など深い付き合いの場合は、お金が無いから欠席する、ってわけにはいきませんよね。

 

2、祝儀を少なめに入れる…×

はっきり言って論外ですね。結婚式の祝儀は地域によって相場も違いますが、相場より少なめに祝儀を渡すなんて絶対的にタブーです。少なくするぐらいなら欠席する方がまだマシです。

 

3、仕事をして稼ぐ…○

もっともらしい答えなんですが、仕事をしてもすぐに手元にお金が入るわけではないです。1万円ぐらいの足らずなら、日払いのアルバイトを2日ぐらい続けてすればどうにかなりますが、数万円必要な場合はどうにもなりませんね。

 

4、ギャンブルに賭けてみる…×

この答えも論外、というか危険な考えです。0か100かといった究極の考えですね。もちろん勝てればいいんだろうけど、負けたら最悪です。

 

5、お金を借りる…◎

最終的にはこの考えにまとまるような気がします。お金を借りるのが最も早く確実に出席する方法ですからね。
という事で、結婚式の祝儀代を借りる事にしました(^^)/

 

どこで借りるのがいいのか??

お金を借りると簡単に言っても、どこで・誰から借りるのがいいのか悩みますよね。。。

 

【親】
真っ先に思い浮かべるのは親だと思うんですが、親に借りれる場合は借りるのが一番いい方法だと思います。やっぱり親ですからね。
返すのがちょっと遅れても何にもならないだろうし、状況によっては返さなくてもよかった、なんてパターンもありますもんね。
でも、年齢によっては親に借りづらいって事もありますよね。いい歳して親にお金借りるのは恥ずかしすぎる。それに、変に心配されたくないです。

 

【友達】
仲の良い友人から借りるのも一つの方法です。親と違い言いやすさもあります。
でも気を付けなければいけないのは、お金でのトラブル。友人間でのお金の貸し借りはトラブルの元です。いくら仲が良くても、お金の問題で関係性が崩れてしまう事もあります。
それに、友達が確実に貸せるお金があるとは限りません。

 

【カードローン】
銀行・消費者金融会社のカードローンなら、誰にも迷惑かけずに借りる事が可能となります。お金を貸すのが仕事なので、お金を借りて「ありがとうございます」と言ってくれるのは、カードローン会社ぐらいでしょう。その分、借りる側も借りやすいですね。ただ、金利が発生するので注意が必要です。

 

カードローンで借りてみた

結果的に私はカードローンで祝儀代を借りる事にしたんです。親には恥ずかしくて貸して何て言えないし、友達にも借りづらい。友達に借りを作るのもなんか嫌ですし。

 

なので、カードローンで借りる事にしたんです。金利がかかるから勿体無い…って考えてしまうんですが、お金が無いのは自分の責任。なので金利が発生しても仕方ないです。

 

逆に金利がある分、1日でも早く返済しようと頑張れますしね。
その気になる金利も、実際調べてみたら意外と低金利だったという事も分かりましたし(^^)/

 

私の場合、10万円ほど借りたんですが、金利は年18.0%の設定でした。18%って見たら高い!って思ってしまうんですが、実施はそうでもないんですよ。

利息計算法
利息=借入残高×金利÷365日×借入期間

↑の利息計算式で利息がいくらになるか分かります。私の場合、10万円を2か月で返済する予定なので、
利息=100,000×0.18(18%)÷365×60(2か月)
となります。

 

答えは…2959.8

 

すなわち、約2,960円の利息分を支払うという事になります。10万円を2か月借りてこの金額なら少ない方ですよね。1日で考えたら約50円です。1日1杯のコーヒーを1か月我慢するだけでいいんです。

 

借入額や借入日数が少なくなれば、もっと少なく抑える事が出来ますよ。3万円借りて次の給料日に全額返済したら、数百円の金利ですみます。カードローン会社によっては、初回利用30日間は無利息サービスを実施(アコムやプロミス)している場合もあるので、金利0円で借りる事も出来ちゃいます。

 

このように考えたら、カードローンでお金を借りるのが最も最適な方法なのかな、と感じます。
プライバシー面もしっかりしているので、家族や会社の人にばれる心配もないですし、インターネット上でいつでも申し込みする事が可能となっています。

 

最短だと、申込み即日中に借りる事が出来るので、今すぐ祝儀代が必要!と焦った時でも安心です。
下記に、大手カードローンを紹介しているので困った時は利用してみるといいでしょう。

 

大手で安心のカードローン

【アコム】
アコム アコムのカードローンは最短だとその日に借りれるスピード融資となっているので、急ぎでお金が必要な時にお勧めです。

24時間いつでも申込みする事が出来、来店不要で借入する事が可能となっています。
初めて利用する方は、30日間の無利息期間サービスを設けているので利用もしやすくなっていますよ。
土・日・祝日も利用する事が可能となっていますよ。
20歳以上でアルバイトなどで収入のある方は、学生でも借りれるので、結婚式の祝儀が足りないといった時でも安心です。

 

≫アコム公式サイトへ

申し込み条件

金利

融資額

20歳以上69歳以下の安定した収入がある方

(アルバイト・パート可)

4.7%〜18.0%

1万円〜500万円

【みずほ銀行】…専業主婦利用可能
みずほ銀行 みずほ銀行カードローンもお勧めです。大手銀行なので知名度も抜群ですし、安心して利用する事が出来ますね。

銀行ならではの低金利設定となっているのも、嬉しいポイントです。
みずほ銀行の口座を持ちの方は、即日融資可能なWeb完結申込みの利用が出来るようになっています。現在お持ちのキャッシュカードをそのままローンカードとして利用する事が出来ますよ。
収入のない専業主婦の方でも利用可能なので、専業主婦の方はコチラに申込みしてみるといいでしょう。

 

≫みずほ銀行公式サイトへ

申し込み条件

金利

融資額

20歳以上66歳未満の安定した収入がある方

(アルバイト・パート・専業主婦可)

4.0%〜14.0%

最大1,000万円

【プロミス】
プロミス

プロミスは初めて利用する方に人気のカードローンとなっています。というのも、初めての方は30日間無利息で借りる事が可能となっています。30日間は利息0円で借入可能となっているのでお得ですよね。学生さんにも人気です。
最短30分のスピード審査となっており、審査結果によっては申込み当日中に借りる事が可能となっているので、急ぎでお金が必要な時でも安心ですよ。
パソコン・スマホからいつでも申込みする事が出来るので、まずは申込みして審査結果の連絡を待つのがいいでしょう。

 

≫プロミス公式サイトへ

申し込み条件

金利

融資額

20歳以上69歳以下の安定した収入がある方

(アルバイト・パート可)

4.5%〜17.8%

最大500万円

 

借り方

3つのカードローンともに、インターネット上で簡単に申込みする事が可能となっています。
パソコン・スマホから365日24時間いつでも申込み出来、来店不要で借りる事が出来ますよ。

 

申込み方法も簡単で、Web上で申込み欄に名前や住所などを入力すればOK。身分証として免許証か保険証の写しが必要になりますが、携帯カメラで写してメールで送れば大丈夫です。

 

最短だと、申込み当日中に借りる事可能となっているので、急ぎでお金が必要な場合でも安心ですよ(^^)/
一度カードローンを作っておけば、コンビニATMなどで必要な時にいつでも借りる事が出来るので便利ですしね。

 

祝儀代いくら?

結婚式の祝儀代っていくら必要なのか?
全国的な相場では、一般の方は3万円が祝儀代の基本となっていますね。

 

地域・会費制などによって違いはありますが、だいたいの場所では3万円と聞きます。
身内の結婚式・会社の部下の結婚・夫婦での出席などの場合は、5万円・10万円と必要になる場合もありますね。

 

結婚式の状況によって祝儀代も変わってくると思うので、周りの方に確認しておくのが一番です。
また、結婚式では祝儀代以外にもお金がかかるといた事を忘れてはいけません。

 

女性の場合はドレスなどの衣装費用、二次会参加費、交通費、遠方の結婚式の場合は宿泊費など他にもお金がかかってくる事を頭に入れておきましょう。
ちょっとギリギリかな…という時は、余裕を持って多めに持っておくことを勧めます。